So-net無料ブログ作成

1本ずつ手で田植え [自給的暮らし 自然農]

642.jpg
3種類のお米を列を分けて植えていく。EOS7D+EF-S10-22mm 1/200 f8 ISO100 +0.7

小麦の収穫が終わって、今度は田植え。
この時期は、休みなく農作業が続きます。

自然農による田植えは、超地道。

小麦藁と生い茂った草を鎌でキレイに刈り取ったあと
お米の苗を1本ずつ、手で丁寧に植えていく。

右手に鎌を持ち、苗を植えるための穴を掘って
その中に土のついた苗の根の部分を移植する。

1反(約300坪)の田植えは
機械を使えば、数時間もあれば完了。

でも、自然農による手植えだと
毎日朝から晩までやって1カ月近くかかる。

だから、そのお米はすっごく貴重。
市販されることはめったにない。

続きを読む


はじめての小麦の収穫 [自給的暮らし 自然農]

639.jpg
鎌もお手の物の長男。EOS7D+EF50mm 1/800 f2.2 ISO100 +0.7

6月中旬から7月頭にかけては、
自給的な暮らしでいちばん忙しい季節。

小麦の刈り取り、田植え、豆の種まき…と
適期が重なる作業がたくさんあるから。

我が家では天候によって
梅雨の晴れ間は小麦の刈り取り、
雨がパラついたら田植えといった感じ。

写真は、快晴の下、小麦の収穫。

続きを読む


小麦色に輝く実り [自給的暮らし 自然農]

636.jpg
薄力粉用の小麦。EOS7D+EF50mm 1/1250 f2.5 ISO100 +0.7

6月中旬、小麦色に色づいた田んぼ。
お米の裏作に播いた小麦が熟しました。

冬は氷点下になる極寒にも負けず
春の日差し、夏の陽光の中スクスク育ち
一面、美しい穂を実らせました。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。